カテゴリ:ヒメシャラ( 11 )


2008年 06月 01日

一日花

今年は大きく咲いています。


庭のヒメシャラ。


咲いては落ち
咲いては落ちる
ヒメシャラの花。

6月に咲くナツツバキに属し
本当に6月に咲きはじめました。

なんかすごい。

e0039180_14185732.jpg

GR-DIGITA




e0039180_14194614.jpg

GR-DIGITA





e0039180_14213637.jpg

落葉前のヒメシャラ
EOS7s EF50mmF1.4

by ginfamily | 2008-06-01 14:22 | ヒメシャラ | Comments(0)
2008年 05月 28日

クロックス

幼稚園のプールが始まる。

暖人
唯斗の幼稚園用サンダル購入へ。

どんだけ、お店を回っても
どんだけ、説明しても
どんだけ、履かせても
クロックス、眼中になし。

瞬足サンダル
ポケモンサンダル
ゲットだぜ!!

はぁ~。

親の心子知らず。

サンダル写真を撮れ撮れ撮れ
うるさい兄弟。



梅雨を前に
無事、階段も完成しました。

子どもたちも、よく手伝ってくれました。

現場監督のようなmamaさんの厳しい管理の下
子どもたちが泥遊びの様に手伝ってくれるのが何よりも楽しかった。

1ヶ月前。


恥を忍んで失敗談。

1番上の床面と2段目の立ち上がり部分を別の日に作業してしまい
コーナーの結合部分がうまく出来ませんでした。
3・4枚目の写真を見るとバレてしまいます。
2段目からは床面と立ち上がり部分を同日に作業し、綺麗に仕上がりました。

モルタル用ボンドはNSハイフレックスを購入
粘着力を高めようと、入れすぎて失敗、モルタルが練れないぐらいの粘着力
なんでも、ほどほどにしましょう。(笑
要するに説明書どおりと言うことですね。

1番上、プロモンテVL-42が張れますよ。
広すぎて、集中力が持続せず
朝から夕刻ごろまでかかってしまい
その日の最後に仕上げた右下部分に、雨水が少し溜まっちゃいます
偉そうに水平器なんて使わず、目に見える傾斜を作ればよかったと後悔。

どっかの公共施設のような味気無い玄関ホールの様に感じますが
広さがあるので、コンクリート打ちっぱなしでもカッコよく見栄えします。
セメントを多めに入れたことで色も艶も綺麗に出てくれました。


ご近所さん
mamaさん友達にも
すごいよ、よく頑張った、プロと変わらんよ
と、言ってもらえました。
うれしいです。

予算があれば外注が1番でしょうが
なんとか、やれるもんですね。

興味のある人・・・
いないでしょうね(笑
レンガ積みや家族での外溝工事などで検索して、ヒットした方々の参考になるでしょうか・・・

e0039180_1332474.jpg

GR-DIGITAL





e0039180_13383210.jpg

GR-DIGITAL





e0039180_13385975.jpg

GR-DIGITAL





e0039180_13393268.jpg

GR-DIGITAL





e0039180_13395242.jpg

GR-DIGITAL





e0039180_2131683.jpg

1ヶ月前の作業の様子
GR-DIGITAL

by ginfamily | 2008-05-28 13:44 | ヒメシャラ | Comments(4)
2008年 04月 23日

作業再開

約5年を要したレンガ積み
塀、花壇は完成。
昼間に家にいる時間が多いことからチャレンジしてみた家族での外溝作り。

ようやく
階段積みまで、こぎつけました。

沈下を防止するため
これでもかと、鉄筋のメッシュを敷きました
素人工事、頑丈すぎて、壊すのが大変でしょうね。

暖かく作業のしやすい気候になってきたので作業再開です。



作業していての楽しみは
時間差で帰ってくる4人の子どもたち。

12時 mamaさんと手をつないで帰ってくる、唯斗
14時 ザックを振り回しながら帰ってくる、暖人
15時 暑い暑いと文句を言いながら帰ってくる、まりも
16時 帰ってくるときも天然系、詩帆

みんな、おもしろいです。



なんとか、階段にはなりそうですが
最後の、こて仕上げだけが不安です。

こて仕上げだけを左官屋さんにお願いできるようですが
ここまで、頑張ったので、自分でやりたい気もするし・・・

これが終われば、駐車場の床打ち
これは、自分では無理なんでしょうか
これから研究。

レンガも白化し味が出てきました。


心地よい筋肉痛の日々。

e0039180_20324948.jpg

EOS7s EF50mmF1.4





e0039180_20312643.jpg

EOS7s EF50mmF1.4





e0039180_20335018.jpg

GR-DIGITAL





e0039180_2035152.jpg

GR-DIGITAL





e0039180_20361951.jpg

GR-DIGITAL





e0039180_2036473.jpg

GR-DIGITAL

by ginfamily | 2008-04-23 20:37 | ヒメシャラ | Comments(6)
2007年 03月 21日

ちょっとずつ

庭周りmamaさんが描き
オランダ直送Neder Bricksにこだわって
外構やさん巡りで見積り320万
そんな金、ある筈もなく。

仕方なく大量のレンガのみ直送。

時間を作って
家族で積む日々
はや、5年。

一段
一段
レンガ積み。

1株目はすでに完成。
2株目のヒメシャラ周りも、ほぼ完成。

残りは階段。

歪みも愛嬌
鉄筋、生コン、これでもかというぐらい放り込んで
頑丈、頑丈。

素人工事。

5年はかかり過ぎかな。
でも、すごくしんどいんです。

e0039180_19463371.jpg

EOS7s EF50mmF1.4




e0039180_19473467.jpg

EOS7s EF50mmF1.4

by ginfamily | 2007-03-21 20:03 | ヒメシャラ | Comments(4)
2007年 01月 04日

ヒメシャラ・落葉

初詣も行ってないんです。
バーゲンも行ってないんです。
年末ジャンボもハズレたんです。

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

庭先のヒメシャラ。
お正月を過ぎ、ほぼ落葉しました。

家族の一員。

e0039180_1803282.jpg

EOS7s EF50mmF1.4

by ginfamily | 2007-01-04 18:07 | ヒメシャラ | Comments(6)
2006年 09月 19日

樹皮

ヒメシャラ
もうすぐ3年目を迎えます。

成長とともに樹皮が剥がれ表情が豊かになる。
これも、ヒメシャラの魅力のひとつ。

いつか、屋久島のヒメシャラの大木に触れてみたい。

さぁ
肥料を買いに行こう。

e0039180_1552042.jpg

GR-DIGITAL

by ginfamily | 2006-09-19 15:20 | ヒメシャラ | Comments(4)
2006年 03月 18日

剪定

京都、東林院で
沙羅叢林、沙羅双樹の林が完成したそうだ。
ぜひ1度、足を運びたい。

わが家のヒメシャラも春を迎える準備
剪定をした。

剪定時、小枝が堅い
力を感じる。
春を感じる。

e0039180_12402092.jpg

EOS7s EF50mmF1.4

by ginfamily | 2006-03-18 12:43 | ヒメシャラ | Comments(4)
2005年 12月 26日

冬のヒメシャラ

2年目を迎える、わが家のヒメシャラ。

来年も、雪のような綺麗な白い花を咲かせるのだろう。
そろそろ、剪定の時期でしょうか。

先日の雪化粧。
e0039180_17101625.jpg

EOS7s EF135mmF2L

by ginfamily | 2005-12-26 17:15 | ヒメシャラ | Comments(0)
2005年 09月 30日

ヒメシャラ [芽吹き]

9月も終わりです。
少しずつですが、ヒメシャラの成長記録を残しています。

11月の植栽後、無事に、冬を越す。

4月 木が芽吹く。
5月 白い小ぶりの花が咲く。
6月 綺麗なヒメシャラになる。

不思議な木だ。咲いては、すぐに落ち、また、すぐに咲く。
1年目から、花が咲くとは思わなかった。

7月 葉が焼ける。
暑さが本格的になり、完全に根付いていないことを証明することになる。

小枝が多すぎて、葉に、水が届かないのだろう。
朝、夕の散水だけでは間に合わない。
陽射しに負けて、焼けてくる。
カナブンが葉を食べてしまう。

小枝が多いのは、わかっていた、剪定したかった。
剪定と肥料は、1年後の冬までは我慢しなさいとアドバイスされた。
根付かない1年目、仕方が無いとはいえ、不安だ。

8月 半分の葉が、ついに焼け落ちてしまう。
子どもたちも、感じるものがあるようだ、悲しんでいた。
疑心暗鬼になる。

日牟禮で見つけた庭先のレンガ
e0039180_11122384.jpg

EOS7s EF50mmF1.4

by ginfamily | 2005-09-30 11:19 | ヒメシャラ | Comments(2)
2005年 09月 15日

ヒメシャラ [植栽]

根付くまで、帰宅時に水を上げるのが日課になった。

知識なんてまったくゼロ。

mamaさんが、花屋さんでバイトをしたことがあるが、専門ではない。
発注後すぐに、図書館に足を運んだ。

植栽や剪定は、成長が休憩する真冬(2、3月)の前、11月から1月がむいている。
そんなこと、購入後、初めて知った。
偶然にも、11月の末で良かったと思う。

落葉樹。
葉がない時期のため、何とか、持ち上げることができた。
不安。
忠実に本のとおりに植栽した。
玄関先が、にぎやかになった。

2株とも、高さ3メートル。幅1.8メートル。
綺麗な枝ぶりだ。
感動した。
年賀状用に、子どもたちとヒメシャラの写真を撮影した。

うれしいものだ。
毎日、帰ってくるのが楽しい。
水やりの取り合いで、子どもたちが、けんかをする。

芽吹きから9月について書く。

わが家のヒメシャラ 芽吹き

e0039180_9133026.jpg

EOS7s EF50mmF1.4

by ginfamily | 2005-09-15 09:16 | ヒメシャラ | Comments(0)