銀[family]塩

ginfamily.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2007年 08月 ( 15 )   > この月の画像一覧


2007年 08月 26日

躍動

眼の輝き
大事にしてあげたいです。

3さいの夏。

おい、唯斗
こっちや!!

こっちこい、唯斗!!

走れ、唯斗!!


3人の声が何よりもうれしい唯斗。



上の3人にも負けないようになりました。




こっちも汗だく。。。


e0039180_21565891.jpg

GR-DIGITAL





e0039180_21572396.jpg

GR-DIGITAL





e0039180_21574669.jpg

GR-DIGITAL





e0039180_2158136.jpg

GR-DIGITAL





e0039180_21583148.jpg

GR-DIGITAL





e0039180_21593558.jpg

GR-DIGITAL





e0039180_2202364.jpg

GR-DIGITAL





e0039180_2204813.jpg

GR-DIGITAL





e0039180_221734.jpg

GR-DIGITAL





e0039180_2214710.jpg

GR-DIGITAL





e0039180_2235034.jpg

GR-DIGITAL





e0039180_2244849.jpg

GR-DIGITAL





e0039180_225305.jpg

GR-DIGITAL





e0039180_22625.jpg

GR-DIGITAL





e0039180_2262374.jpg

GR-DIGITAL





e0039180_17331595.jpg

GR-DIGITAL

by ginfamily | 2007-08-26 22:07 | 散策
2007年 08月 26日

奥穂・槍 再び?

買ってしまいました。

安い!!
¥525(税込み)

玩具菓子
日本名峰コレクション~北アルプス南部編~
ソーダガム1個のみ同封。

近所のSEIYUのお菓子売り場に売っていました
見事に表現されています。

奥穂高岳
槍ヶ岳
の2シリーズを購入。

忠実。

感動再び
ぜひ、ご購入下さい。

e0039180_9592376.jpg

左側に涸沢カールを囲む穂高連峰
右側に天を突く槍ヶ岳
GR-DIGITAL





e0039180_1001449.jpg

GR-DIGITAL





e0039180_1004496.jpg

GR-DIGITAL





e0039180_1012854.jpg

GR-DIGITAL





e0039180_1023184.jpg

奥穂高から槍ヶ岳への稜線
EOS7s EF17-40mmF4L





e0039180_103777.jpg

涸沢カール
GR-DIGITAL





e0039180_1033559.jpg

明神岳
EOS7s EF135mmF2L





e0039180_1042151.jpg

前穂高岳
EOS7s EF135mmF2L

by ginfamily | 2007-08-26 10:06 | 北アルプス
2007年 08月 25日

1997年2月20日

西高東低。

真冬。

聖地。

御前崎。

詩帆はまだお腹の中でした。

バックループを完全にマスーターすべく、風と波との闘い
マストオーバー。

当時は、無茶しすぎでした
板が折れるのなんて恐れもせず、ダブルマスト級のジャンプも挑んでいました。

子どもができると、守りに入ってしまうんですね。

mamaさんに撮影してもらっていました
ウインドに明け暮れていた頃の写真です。



ウインドの第一人者
38歳という年齢でお亡くなりになられた
飯島 夏樹 選手の映画が始まりました。

「Life 天国で君に逢えたら」

4人のお子様も、大きくなられましたね。


素晴らしいメッセージを残された方です。

e0039180_185352.jpg

GR-DIGITALで写真を撮影




e0039180_174054.jpg

GR-DIGITALで写真を撮影

by ginfamily | 2007-08-25 01:24 | 雑記
2007年 08月 18日

ほな、行こか。

カブト?クワガタ?

暑さ厳しくとも負けません。

カブトは食べれへんしな
ゴリにしとこか
ゴリに。

ほな、行こか。



食を仕入れに
川遊び。

今日の1品
ごりの佃煮
砂糖多めでお願いします。



夕刻からは
子ども会の夏まつり。

水遊びは、ほどほどにして引揚げました。



ほな、夏まつり、行こか。

e0039180_16361263.jpg

EOS7s EF50mmF1.4





e0039180_16365753.jpg

EOS7s EF135mmF2L





e0039180_16373137.jpg

EOS7s EF135mmF2L





e0039180_16381095.jpg

EOS7s EF135mmF2L





e0039180_16384713.jpg

EOS7s EF50mmF1.4





e0039180_16391190.jpg

GR-DIGITAL





e0039180_16402960.jpg

EOS7s EF135mmF2L





e0039180_16413657.jpg

EOS7s EF135mmF2L





e0039180_1642114.jpg

EOS7s EF50mmF1.4





e0039180_1643814.jpg

EOS7s EF50mmF1.4





e0039180_16433437.jpg

EOS7s EF50mmF1.4





e0039180_1644161.jpg

EOS7s EF135mmF2L

by ginfamily | 2007-08-18 16:45 | 散策
2007年 08月 15日

panapp

パナップ3つ。


チャンス到来。

食べ終われば、ゴミ箱の奥へ、奥へ、もうひとつ奥へ
証拠隠滅。

生活の知恵。



唯斗爆睡。



今週のピックアップブロガーで紹介されました。

ありがとうございます。




残り少ない夏休み
4人の子どもたち
暑さなんて、くそくらえとばかりに、元気ですよ。


訪問してくださり、ありがとうございます。

e0039180_2211320.jpg

GR-DIGITAL

by ginfamily | 2007-08-15 22:01 | 日記
2007年 08月 11日

槍ヶ岳

天を突く槍
誰が見ても槍ヶ岳と分かるその姿は北アルプスの象徴。

槍ヶ岳から北穂高岳への稜線の縦走路がはっきりと見てとれます。

南岳。

大キレット。

長谷川ピーク
馬の背
A沢のコル
飛騨泣き
いつかチャレンジしたいコースです。


奥穂高岳の北に位置します。

3,180メートル。




この1週間、北アルプスが1番賑わう時期
みなさんが、青空の下、山行できることを願います。

e0039180_8244972.jpg

EOS7s EF135mmF2L





e0039180_8252639.jpg

EOS7s EF135mmF2L

by ginfamily | 2007-08-11 08:26 | 北アルプス
2007年 08月 09日

びわ湖を燃やせ

びわ湖大花火大会。

日本一のびわ湖にふさわしい花火大会です
湖面を利用したびわ湖ならではの演出です。

毎年8月8日開催。



GR-DIGITAL

by ginfamily | 2007-08-09 01:13 | 散策
2007年 08月 09日

びわ湖大花火大会

恒例行事へ6人で。


朝から場所とり。

papaさんはつらいよ。。。


特等席。

びわ湖直近で観覧
終われば唯斗、暖人を担いで猛ダッシュ
駅まで戦闘だ。



GR-DIGITAL

by ginfamily | 2007-08-09 01:11 | 散策
2007年 08月 05日

ジャンダルム

フランス語で憲兵を意味するそうです。

奥穂高岳を守る衛兵でしょうか。

奥穂高岳と西穂高岳の縦走路に位置する
独特の山容がカメラを向けずにはいられなくする。

3,163メートル。

稜線を歩く人々
人間なんて、本当にちっぽけな存在です。

e0039180_196579.jpg

EOS7s EF17-40mmF4L





e0039180_1963135.jpg

EOS7s EF135mmF2L

by ginfamily | 2007-08-05 19:07 | 奥穂高岳
2007年 08月 05日

涸沢から上高地へ

3日目 8月2日(木)
7時間の山行だった。

台風の接近に伴い
天候の崩れも予想されることから
4時に起床、テントを撤収し朝食、5時30分の出発を目標に動いた。

予定通り5時30分出発。

雪渓の表面はカチンカチン
軽アイゼン装着!!
これはすごい、ちっとも滑らないと詩帆と興奮しながら雪渓を下る。

子どもとの山行
雨の険しい山道はあまり歩かせたくない
横尾まで出れば
雨が降ろうが、槍が降ろうが、心配は要らないだろう
出来るだけ長時間の休憩を取らずに横尾までがんばる。

本谷橋で雲行きが怪しく、小雨にあうが、その後は晴れ間も出て無事、横尾着。

横尾まで来れば、まず安心
名残惜しいので
ここからは、名物めぐり。

徳沢でソフトクリームと氷壁の宿
明神で青りんご
詩帆がうれしそうだった。

河童橋まで来れば
上高地へ避暑に訪れた方々の洋服と
泥臭い山姿とのギャップがなんとも言えず
吹き出しそうだった。

詩帆お疲れさん
楽しかったよ。

バスにて上高地を離れる
自家用車で平湯バスターミナルへ立ち寄り
温泉、昼食を済まし帰宅しました。

子どもと一緒の山行だったこともあり
数多くの方々と出会い、会話も弾みました
詩帆に対しても、優しいお言葉、励ましをいただきました
お声をかけていただいたみなさん、心からお礼申しあげます。

涸沢ヒュッテでは同郷の小屋番さんYasukoさんにご挨拶しました
気さくな方で、夕食時のお忙しい時間にもかかわらず
なかなか見ることができないのでと、詩帆を連れて、山小屋の中を案内してくれました
詩帆も大喜びで、夏休みのいい思い出の1コマを演出してくれました
本当にありがとうございました。
また涸沢カールでお会いできることを楽しみにしています。

そして、一緒に登ってくれた
詩帆、ありがとう
中学からは部活や親離れすると思うけど
この山行は本当に忘れないと思います。




ありがとう。




涸沢 5:30 ==  7:15 本谷橋 7:30 == 8:30 横尾 9:00 =

10:00 徳沢 10:30 == 11:15 明神 11:45 == 12:30 上高地

e0039180_18522265.jpg

朝日が見えてきました
GR-DIGITAL





e0039180_18525443.jpg

テントの撤収を終えた頃にはモルゲンロードに染まっていました
今日もモルゲンロードが見られるなんて
詩帆、まだ眠たそう
GR-DIGITAL





e0039180_1853561.jpg

穂高連峰、涸沢カールとお別れです
GR-DIGITAL





e0039180_18542955.jpg

奥穂高岳を背に
ここから奥穂の山容は望めなくなります
GR-DIGITAL





e0039180_1855964.jpg

軽アイゼン装着
1人分を片足ずつ、1,500円でこんなにも安全に歩けるとは
GR-DIGITAL





e0039180_1856073.jpg

横尾大橋まで帰ってきました
GR-DIGITAL





e0039180_18562578.jpg

梓川を見て一安心の詩帆
GR-DIGITAL





e0039180_1857951.jpg

明神の青りんご200円
おいしかったぁー
GR-DIGIT





e0039180_18573871.jpg

さぁ、上高地だ
GR-DIGITAL





e0039180_18583789.jpg

河童橋へ到着
長かった奥穂高岳への山行が終わった
GR-DIGITAL

by ginfamily | 2007-08-05 19:01 | 奥穂高岳